江田由紀浩の『虎ヲ被レ』

アクセスカウンタ

zoom RSS イナダで悪いか!

<<   作成日時 : 2006/05/26 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

どうだい。皆さん、イナダだよ。
なんだろうねぇ。何を思って笑ってんでしょうか。
誤字脱字製造機。
イナダ組のブログ読めば分かると思うけど。

劇団員に届くメールも誤字脱字。
「〜です」は、「〜でし」。「〜でいいんだ」は、「〜でいいだ」。
1回、2回じゃないからね!もう、毎回!
この前は、「あらかた片付いた」とかの「あらかた」が、「あらたか」だったし。
おそらくね、「あらたか」に関しては、
本当に「あらたか」が正しいと思ってるよ。
面白い人だよなー。

あと、面白いのは、その時その時にオッサンの中で、
流行ってる言葉があんのよ。
随分前は、「部分」ね。
とにかく話の最中に「部分」って言葉がいっぱい出てくんの。
「その部分の、あそこの部分の、
こうなってる部分の部分が・・・」みたいなね。
もう、とにかく「部分、部分」だから、
でかい話でも、ちっちゃい話にしか、聞こえないの!
笑っちゃうよ。

ちょっと前は、「俗に言う」ね。
これも面白くってさ、普通、「俗に言う」の後のほうが、短いじゃない。
「北野映画は、青みがかった色で統一されている。
俗に言うキタノブルーだ」ってな具合に。
これが、逆なんだよ。
「カップラーメン。俗に言う、お湯を注いで3分くらい待てば、
簡単にラーメンができちゃうってヤツね」。
なんだそれっ!!!
とにかく、俗に言わないでほしいよ、長くなるから。
ホント、面白い。

あとは、なんだろなー。手書きの台本も面白いな。
もちろん漢字も適当なんだけど、
なんかのパンフにも載ってた「ャキー」ってヤツね。
これ、叫び声なの。「キャー」を間違ったんだね。
最近気付いたのは、「ちょっと」とか小さい文字が続く言葉。
「ちょ」までは、いいの。「ち」の隣は小さく「ょ」って書く。
問題は、その次。
「隣より小さく書く」ってインプットされてるから、
「ょ」より、もっと小さく「っ」を書いたりすんの。
もう、ちっちゃすぎて何だか分かんない。
一瞬、「.」かと思うよ。
でも、よくよく見ると、凄いちっちゃい「つ」。
米粒にお経を書くビックリ人間じゃねーんだからさっ!
いやー、天才だね、ホントに。

あーあ。天才のせいで、珍しく長くなっちゃった。

それじゃあ最後に、
客演の納谷さんに放たれた天才の一言を紹介。
「納谷さん、そこは、えーと、クソほほえむ感じで!」。
分かる?達子さんは、瞬時に気付いたね。さすがだよ。
正解は、「納谷さん、そこは、えーと、ほくそえむ感じで!」。

天才、ここにあり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
イナダで悪いか! 江田由紀浩の『虎ヲ被レ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる