江田由紀浩の『虎ヲ被レ』

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ!

<<   作成日時 : 2006/06/07 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

サッカーW杯、始まるんだか、始まってんだか。
よく知らんけど、まあ、どっちかだ。
今回は、ドイツ。だよね?当たってるよね?ドイツだな、多分。

そういや、オレ、行ったことあんのよ、ドイツ。
大学の卒業旅行っちゅうの?欧州廻りよ、男4人で。
20日間だよ、20日間!!!
今、思うと、あの頃、金あったんだよなー。
芝居なんてやっちゃいなくて、とにかくバイトしてたもの。

いやー、楽しかったね。ヨーロッパ!
田舎モンだもの、外国ってだけで喜んじゃって。
バカみたく浮かれちゃうんだ、これが。
いっぱい写真撮ったなー。

まあ、元々、カメラは好きなんだけど、
こん時はホント、いつも以上に撮りまくったよ。
「おー!凱旋門だ!」、「ベルリンの壁だ!」とか言って、
首からカメラぶら下げて、バシャバシャ、バシャバシャ。
もう、観光客マル出しなんだ。

そのうち、名所でもなんでもないモンまで撮りだしちゃって、
「変わった形のポストだ!」だの、「見たことねー、標識だ!」だの、
何でも適当な理由つけて撮っちゃうの。
「あっ、ドイツのネコだ!」。
なんて言って、追いかけてんだから、ワケ分かんない!!
なんだよ「ドイツの」って!!

しまいには、「あの子、可愛い!」だもの。
そんで、こっそり望遠で撮ってんだから、ただの変態じゃねーか!!
そんで、それがまた、ドイツ人でもなんでもねーんだ。
日本人観光客。
日本で撮れ!!!
ホント、情けないよ。
プリントが上がってきた時には、さすがに頭抱えたね。
名も知らぬ日本人女性(可愛い)が写った写真の扱いに。
まったく、しょうがないよ。

まあ、そんなこんなで、
ただただ浮き足立ってたドイツの印象しかないが、
バカな旅の思い出とは、まったく結びつきようもない、
ドイツが舞台の素敵な映画をご紹介。
ヴィム・ヴェンダース監督の『ベルリン・天使の詩』。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ドイツ! 江田由紀浩の『虎ヲ被レ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる