江田由紀浩の『虎ヲ被レ』

アクセスカウンタ

zoom RSS J.P.G第二試合『おとなげないじかん!!』について、思いつくままに書いてみようと思います。その2。

<<   作成日時 : 2012/04/17 06:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

昨日はあっさり眠たくなり途中で書くのを止めてしまいました。ごめんなさい。

さて、今日は何について書きましょうか。昨日は脚本でしたよね。
えー、じゃあ、今日はその脚本に縛りを与えてくれたJさんのことでも書きますか。
あ、“与えてくれた”ってのは、なんでしょう、多分、その縛りのおかげで、
『おとなげないじかん!!』が多くの人に楽しんでもらえた芝居になったんだと思うのです。
きっと、縛りが無く、オレの書きたいように書いたなら、
もっとずっと暗くて、グロい芝居になったはずです。
それは、昨日もちょっとだけ触れた『うさぎちゃん、頑張ったね!!』という、
オレの芝居初脚本作品を観た人なら分かると思います。
愛情という裏打ちがあるとはいえ、人が死んだりしちゃってますからね。
これだけ長く芝居をやってると分かるのですが、
“人が死ぬ”というだけで嫌悪感を抱く人もいらっしゃいますし、
ましてやそれが病死ではなく、殺人だったり自殺だったり、
登場人物の頭がおかしかったり、キチガイだったりしたら尚更です。
『二度と脚本を書かないでください』とか『無理しないでください』とか、
そういった類のアンケートもいただきました、あの時は。
凄く悔しかったけど、そういうものなんだなと割り切りました。
あと、一緒にやってる人達や、イナダさんやハムや清水友陽さんや、
もう解散してしまいましたがANDという劇団の何人かが褒めてくれたので、
「分かる人には分かるのだ」なんてな感じで開き直ったりしてました。

おっと、話が全然違うほうに進んでしまいました。
Jさんの話でしたね。
だから、えー、Jさんからの縛りのおかげで助かったというか、
多くの人に受け入れられやすい芝居になったというのは間違いないでしょう。
それは凄く感謝してます。

あと、めちゃくちゃ根本的なことですが、
オレに脚本演出を依頼してくれたことにも感謝してます。
長編を書いたことが無いっての分かりつつ、よく任せてくれたなと。
多分、こんな機会が無ければオレ、長編を書いたりしなかったでしょうね。
今回のことがあったので、きっとまた書くと思います。分かんないけど。
機会を与えてくれたことに感謝です。

あ!もっともっと根本的なことを言えば、アレですね、
オレみたいなワガママで、気の短い、すぐにキレちゃうような、“おとなげない”ヤツと、
未だに一緒に何かをやろうと思ってくれてることがありがたいです。
Jさんは“おとなげある”んです。それは凄いなと思います。
もちろん、何か変な空気になることもあります。嫌な空気。
でも、やっぱり折れてくれることが多いですね。オレはそれに甘えまくってるんです。
ありがとうございます。

で、あ、どうしよう、書こうかどうか迷ってしまいますが、うーん、どうしよう、えーと。
うーん、書きますか。書くんですよ、オレは。“おとなげない”ので。
「Jさん、大人だなー」って思った話です。
Jさんて、札幌の芝居をよく観に行ったりしてるんですよ。
んで、ツイッターに感想書いたり、宣伝したり。
でも、今回、結構、演劇関係者が来てくれたんですが、
J.P.Gの感想についてはツイッターなどで、ほぼ触れてないんです。
そのことについて、Jさんに聞いてみたら、
「J.P.Gを宣伝してほしいから、彼らの芝居を宣伝してるワケじゃないしね。」とか、
「彼らがツイッターに書きたくなるような芝居をオレらは作れてないんだよ。」とか、
なんでしょう、凄いこと言うなぁ、って思いました。
器がでかいというか、懐が深いというか、
とにかく、器が小さく、懐が浅いオレは驚愕しました。凄いなぁ。凄い。

ってな感じで、今日はここまで。
明日は達子さんのこと書こうかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
その2、嬉しい♪

Jさんて、悪く言う人いないですよね。
前に誰かが言ってましたが、みんなのお兄ちゃんみたいな。

結構よく知られている人なのに、物販に出て話してくれたり、普通に電車に乗ってたり、声でバレちゃうのに、お芝居観て笑ってたり(笑)

そういうところ、道民としては嬉しいし、Jさん好きだなぁと思います。

江田作品、いつかまた観れる日がきそうですね!
ぜひ観たい!!

達子さん編、江田さんはどんな風に書くんだろう(笑)
hana
2012/04/17 07:10
公演、おつかれさまです!

チケットを買い、こっそり訪札を企んでいたのですが・・・残念!
仕事で未遂に終わってしまいました。

江田さん初の長編ということで
本当〜に観たかった!!

いろんな方の、いろんな作品を観てきましたが、
わたし、江田さんの本スキです
(思いがけぬ告白・・・笑)
短編をいくつか拝見して、結構前から
「江田さん、長編も書いたらいいのに」
などと偉そうに口走ったか、走ってないか、
ずっと思っていたのが確かです。

グロくても、愛あっての表現なのはわかりますし、
よくある、自己満足にあらず、
演る側、見る側、どちらにも楽しませてやろうっていうのが
伝わるのがスキです。

今後も、というか次回も楽しみにしています(^-^)
sumizo
2012/04/17 07:43
その2ありがとうございます♪

今回初めてのJさんでした。
すっごく熱いお芝居される方で
江田さんの言われる様に
すっごくオトナな方だと思いました。
もちろん役ってのもあると思いますが、普段からの包容力が滲み出てる感じ。
江田脚本やから、それが引き出せてたんじゃないかなー?と思いました。
偉そうだったらごめんなさい。

私は物語の中で、人が自殺したりとかはツライけど、受け止めます。
感情移入が激しくて泣きまくるかなー。

昔の江田作品。
すっごく見たくなりました。


日記その3。
ゆっくりでいいんで待ってます☆
ツー
2012/04/17 09:20
その2、ありがとうございます!(お辞儀)

縛りがある方が上手くいく時ってありますよね。
それが必然だったんだな、とか、だから素敵な結果が生まれたんだな、って、思える時。

今回の劇は、まさにそんなじかんだった気がします。
全ての要素が上手く作用しあって、パズルのピースがピタピタッとはまっていって、
がむしゃらに走ってピースを拾い集めて、がむしゃらにピースを積み上げていったら、
結果、めちゃくちゃ強くてしなやかで美しく高い塔が完成していた、みたいな。

Jさんの人柄、人望があってこその「J.P.G」。
そんなJさん、ずーっと前から「江田の本でやりたい」っておっしゃってました。
きっと、Jさんも、江田さんに感謝してらっしゃると思います。
素敵ですね、そーゆー関係♪

その3も楽しみにしております!


かなこ
2012/04/17 11:26
その2の記事Up、ありがとうございます(^ω^)

私はお芝居を観劇するようになってまだ2、3年くらいで、それ以前の作品を見たことがないし、ファン歴浅いのですが…江田さんの書く作品の空気、好きです(^ω^)

Jさんはアイコンの変顔のイメージが強烈だったのですが(笑)、物販でお話しさせて頂いた時の対応はとても柔らかくて落ち着いた、素敵な紳士だと感じました(^ω^)
こんな素敵な方が側にいるという事は、やはり江田さんも同じように素敵な方なんだと思いますよ(*^ω^*)

続き、楽しみに待っていますね☆彡

まい(゜_゜
2012/04/17 15:40
こんばんわ。

mixiから来ました。

この前のもそうでしたが、今回の日記も見て江田さんの『書きたいように書いた』脚本舞台を見たくなりました。


いつか機会があるといいな。


突然の乱文失礼致しました。
NACS-Cat
2012/04/18 03:02
役者さんを見ていて
Jさんへの信頼感というか、愛情をすごく感じましたよ。
なんか、それで泣きそうになったりして。
お芝居の、ずっと奥の方に、そういう気持ちが流れているなぁって、
帰りの車の中でうるうるしていました。

次回も、楽しみにしています。
かっぱ。
2012/04/22 21:48
hanaさん」結構よく知られている人、ってのが最高です!笑

sumizoさん」もちろん、また、長編書きたいと思ってます!

ツーさん」観たいと思ってもらえるのは最高に嬉しいです!

かなこさん」また、そんな塔を創ってみたいと思います!

まい(゜_゜さん」これから末永く、どうぞご贔屓に!!

NACS-Catさん」それをやれる土壌づくりを始めたいと思います!

かっぱ。さん」うるうる感謝!皿にも潤いを!!
江田
2012/05/04 21:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
J.P.G第二試合『おとなげないじかん!!』について、思いつくままに書いてみようと思います。その2。 江田由紀浩の『虎ヲ被レ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる