江田由紀浩の『虎ヲ被レ』

アクセスカウンタ

zoom RSS J.P.G第二試合『おとなげないじかん!!』について、思いつくままに書いてみようと思います。その4。

<<   作成日時 : 2012/04/21 13:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 7

さて、明逸人。

今回の逸人はオレの知ってる逸人の中でもっとも良い逸人でした。
だなんて、こんなこと書いてよかったのでしょうか。
でも、書きたいくらい良かったのです。

随分と苦労をさせてしまいました。
というのも、今回の芝居の笑いの恐らく半分は彼が担ったからです。
しかも、使ってる言葉、言い回し、そのスピード、タイミング、表情、動き、
とにかくメチャクチャ細かく指定しました。
これはホント辛かったと思います。
オレが役者だったら、かなり文句を言ったと思われます。
しかし、立ち向かいましたね、明逸人は。
凄いと思います。雁字搦(がんじがら)めの中、よくやりました。

しかも!!
クレアラシルのCMじゃありませんよ。って、古いですね。まあいいや。
しかも、本番の三日前にキャラを大幅変更。
いやー、これは本当に申し訳なかったです。
完全にオレのせいなのです。
キャラ変更を告げた瞬間のことを思い出すと今でも胸がギュッとなります。
なのに、告げたその時は、非情なオレになっちゃってるので、
「やってもらわなきゃ困るよ!」くらいの気持ちでした。
本当にごめんなさい。

でもね、逸人は、“やる男”ですよ。
何が凄いって、苦しみを楽しみに無理やり変換する天才なのです。
いや、居ますよ、そういう人。
けど、「その苦しみはどうしたって楽しみには変えられないだろう」ってな苦しみまで、
無理やり、とにかく無理やり、楽しみだと思い込めるんです。
これ、できる人って逸人くらいしか思いつきません。
つーか、「きっと逸人しかいないだろう」と高を括り、思いつこうとしてません。
それくらい凄いと思える人です。

あと、逸人とはやたら話しやすいです。
というのも、似たような次元で話せるというか、
具体的過ぎず、だからといって哲学的過ぎず、ちょうどよい次元で話せるんです。
これってモノ作りをする上でとても大事で、
上っ面だけを見て話すだけじゃ足りないし、
逆に、「人間だって分子だし」まで行っちゃうとそれはそれで困っちゃうし、
だから、なんだろう、ちょうどよい極論を言い合えるというか、
そういう意味で、芝居の話をしてもストレスを感じないんです。
あ、これは、逸人と歌を創ってても同じように感じますね。

いやー、にしても今回の芝居は、
逸人の良いところが、「明逸人はこんなに凄いのさ!」って自慢したいところが、
思いっきり出せたと感じました。
観た人は分かりますよね?分かってください!
あー、ホント良かったです。

んで、最後に、
「明逸人はオレの扱いが巧い」ということも言っておきましょう。
言及しておきましょう。言及って。

さようなら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
今回、私は観たことがないハヤトさんを観ることができたと思いました。
ストーリーの軸となり、笑いの軸となり、しかもあのキャラ。
きっと、とてつもない努力を積み重ねたんだろうなぁ、と。
でも、舞台上では、やっぱりしなやかでいらっしゃいました。
佇まい一発で笑いが取れる存在感は圧巻!

ハヤトさんだからこそ、優しくて生真面目で朴訥な、あのキッペイを表現できたんだろうな、と思いました。
本当に素敵でした。またキッペイに会いたい。

…ただ、ガラスの喉が心配です(笑)


かなこ
2012/04/21 13:53
キッペイ父さんが出てきた時の衝撃、そしてただ立ってるだけで笑えてしまう!
色々な方が書いてますが、キッペイ父さんのキャラ、面白かったです。

終演後に逸人さんと少しだけお話させていただきましたが、優しくて笑顔が素敵で、想像通りの方でした。

江田さんが癒される気持ちがわかるような気がします(笑)

また逸人さんのお芝居、観たい!
6月のイレブン☆ナイン公演、楽しみです♪
hana
2012/04/21 15:31

明さん演じるキッペイさん…登場した瞬間から笑ってしまいました(゚∀゚)
インパクト凄まじかったです!!笑

今回、明さんを初めて舞台で見させて頂いて、もっと色んな明さんに会いたいと思いました。
とても素敵な役者さんですね(*^ω^*)

まい(゜_゜
2012/04/21 16:12
↑↑
これらの貴重なコメントを是非ハヤトさんに読んでいただきたい!! ハヤトさんだからこそのキッペイなんですね!!
なおさん
2012/04/22 07:42
良かった!本当に良かったです。
すっごい集中力が必要だろうなぁ…なのに全然ぶれなくて。
すごいなぁって思って見ていました。
演じる方も、演出する方も。
いい仲間だなぁ…観れて、良かったなぁ…。
かっぱ。
2012/04/22 21:42
ハヤトさんのお芝居を私は、初めて観ました。
前にも書きましたが、愛しさ感じるキッペイさんだったと思います。
また、愛にあふれたお父さんだと思います。
あんなお父さんに育てられたいねえ(*^_^*)

クレアラシルばりのシカーモーでキャラが変更になったそうですが、
もとがどんな感じだったのかちょっと気にはなりつつも、あのキッペイさんはとってもかわいらしくって満足です。
そして、ほぼ180度違うらしいキャラ変を3日でよくあんな風に仕上げられるものだと、役者明さんの技量に関心しています。
また、あいたいな、キッペイ父さん
あり
2012/04/22 22:15
かなこさん」もう、喉を壊すのは一生禁止にしてほしいです。

hanaさん」ヤツの癒し力はとてつもないですよ!

まい(゜_゜さん」あの髪とヒゲは卑怯です!笑

なおさんさん」ヤツは間違いなく読んでますよ!

かっぱ。さん」相当、緊張してたみたいですよ!

ありさん」今の稽古でも、たまにキッペイになります!
江田
2012/05/04 21:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
J.P.G第二試合『おとなげないじかん!!』について、思いつくままに書いてみようと思います。その4。 江田由紀浩の『虎ヲ被レ』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる