シゲが出てる芝居を観た。『趣味の部屋』。その感想とか、その辺のことをなんとなくちらほらと書きました。

シゲが出てる芝居を観た。『趣味の部屋』。

感想。面白かった!!!!!!!!!!!!!!!!これで充分。

客入れ最後の曲が高鳴り、暗転。
明るくなると、そこにはシゲと中井貴一さん。
なんてっこたい。
ど頭から、シゲと中井貴一さん。
凄いぞ。
だって・・・・・・シゲと中井貴一さん。

なんだろう、それだけで、お、お、お、お、お、お、お、
ふぅ。休憩。

休憩終了。
お、お、お、お、お、お、お、お、お、お、お、
ひぃ。休憩。

休憩終了。
お、おもしろい。
笑ってしまう。というか、ニヤけてしまう。

だって、あのシゲが、中井貴一さんと同じ舞台に立ってるんですよ。
あのシゲが、あの中井貴一さんと、ですよ。
あのシゲが、あの『ふぞろいの~』と、ですよ。
あのシゲが、あの“DCカード”と、ですよ。
あのシゲが、あの“お父さんが佐田啓二”と、ですよ。
あのシゲが、さっき知ったけど実は『五感の旅』というブログをやってる中井貴一さんと、ですよ。
※中井貴一さんのブログ『五感の旅』 http://kiichi-blog.office-kiki.com/
最新の投稿にシゲが載ってます。

あー、とにかくニヤけてしまった。
なんとなく、隣の隣のJさんを見たら、やっぱニヤけてた。
別に芝居終わってから確認なんてしちゃいないけど、
きっと同じような気持ちだったんだろうな、と思うと、なんか良い。

あ、一応、『戸次式』の投稿についても触れておこう。
http://www.office-cue.com/totsugishiki/?uni1=410

今日の昼過ぎくらいに、オレの感想メールへの返信として、
この件についてはメール来てたんだけどね。
まあ、シゲにも言ったとおり、
なんというか、共演者・関係者の皆さんがそうそうたる顔ぶれで、
その中でシゲがどんな状況で、どんな立ち位置で、ってのが分からないから、
千秋楽ってのもあるし、バタバタしてる中、楽屋を訪ねたら、
皆さんにご迷惑だろうなと。
ということは、結果、それでシゲの立場を悪くしてしまっては嫌だなと、
そんな風に思って訪ねなかったのね。

考えすぎかもしれないけど、
また、あのようなメンバーと一緒に、シゲに芝居をしてほしいからね。

と、まあ、こんな風に考えちゃうくらい面白い芝居だったってことだ。
以上。

true flower撮影風景を載せたかっただけなのに駄文を重ねたけど読んでよ!銀ちゃん、読んでよ!

去年、撮影したショートフィルム『true flower』(高橋研太監督)の公開イベント『Tribute To -ISHIKARI-』が、3月21日(木)にありまして、できればたくさんの人に観に来ていただきたいんですが、皆さんにもそれぞれご都合やご予定があると思いますし、なので、そのそれぞれのご都合やご予定を、頑張ったり嘘付いたりすることで何とか観に来てもらえたら...冗談です。ボク、冗談を言ってしまいました。俊治、冗談を言ってしまいました。俊治じゃないけど。

と、ふざけてる場合じゃありません。今年40歳になるボクですから、あと30~40年くらいで確実に変死するわけですし、もちろん変死に限りませんが、というか変死の可能性はわりと低いですが、ここからは冗談も言わず、誠実に、誠実に絵を描いたように、いや、誠実に絵を描いたんじゃ真面目な画家です。皆さんご存知のように(You know)、ボクは真面目な画家じゃありません。誠実を絵に描いたように生きていけたらなと思っております。

そんなこんなでうやむやに『true flower』の説明に入りますが、どんな映画かと申しますと、古生物学者とその娘が洞窟で恐竜の卵を発見し、孵化した恐竜を娘が母親代わりとなって育てるような映画じゃありません。そんな映画は『REX 恐竜物語』です。今年40歳になるボクが安達祐実役をやってる場合じゃありません。安達祐実役ってこともないですが。ちなみに、『千代の富士物語』の千代の富士役は宍戸開でしたがけっこうハマってました。

そろそろ、皆さん、あきてくる頃だと思います。この文章に。つまりはボクに。なのでちゃんとします。

『true flower』
終わりのないスタンド・バイ・ミー。果てなる北の大地を疾走する男二人のトワイライトラン。
久々に高校の同窓会で出会った犀川と柿崎。二人には、人に言えない大きな秘密があった。忘れかけていたはずの過去の秘密。その過去へ執着する犀川。それは、自分たちの罪を隠すためなのか、それとも贖罪を果たすためなのか…。深夜の道を二人を乗せた車が、過去へと向かって走って行く。


どうですか。ちゃんとしたでしょ?そういうことではなく、いや、そういうことも含めて、どうですか。共演者はyhsの小林エレキくん。どうですか。3月21日(木)ですよ。どうですか。19時から22時半ですよ。どうですか。

長い?

いや、そうなんですよ。このイベント、『Tribute To -ISHIKARI-』と申しまして、『true flower』の上映だけではないんです。それ以外の石狩ロケーションで撮影された映画・映像も上映しますし、『true flower』の音楽を手がけたアーティスト“LIL'J(リルジェイ)”さんのライブもありますし、石狩ソウルフードの“いしかりバーガー”も販売しますし、次が凄いですよ、なんと、ご当地ヒーロー“サーモンファイター・ルイベ”もやってくるそうです。どうですか。“くる”じゃないんです、“やってくる”んです。どうですか。“鮭の化身”だそうだ。(なぜか文語体)どうですか。

ということで、ここに来てやっとイベントの詳細をそこはかとなく書きつくってみます。怪しうこそ物狂(ものぐる)ほしけれ。(吉田兼好『徒然草』より引用)

【Tribute To -ISHIKARI-】

日時:
3月21日(木)19:00 START(18:30 OPEN)

場所:
KRAPS HALL(札幌市中央区南4西6)

料金:
前売 \1400 / 当日 \1600 (発売中!)

取扱:
ローソンチケット Lコード 14468

*料金の一部は J-VERとして活用され、石狩の海や森林を守る取組みへと還元されます。

内容:
[オープニング]
サーモンファイター・ルイベ(石狩ご当地ヒーロー)

[Movie&LIVE!]
古跡哲平 X Calla Soiled(作品:The Person Who Plunders)
小川亮輔(作品:ポラリス・ルインズ)初公開
杉山りょう X Lotus(作品:スノーリバーのシャロン)
MV セクション(studioREBARD 他 1つ)
高橋研太 X LIL'J(作品:true flower)初公開

[トークセッション]
江田由紀浩 / 小林エレキ

http://www.hokkaidoga.jp/tribute-to/

どうですか。こんな感じになっております。ちなみに、始まるのが19時と早めですが、『true flower』の上映、そしてボクとエレキくんのトークセッションは21時近くになります。イベント自体、たくさんの出演者の方がいらっしゃいますので、出来れば最初からご参加いただけると嬉しいですが、複雑に入り組んだ現代社会ですので何が起こるか分かりません。諸事情により到着が遅れましても、20時半くらいまでにご到着いただけたら、ボクらの映画、トークには間に合うのです。是非、ご参加ください。

では、最後に、『true flower』撮影風景を10点。

本読み。朝5時まで。
画像


ボンネットにカメラ。映画っぽい。
画像


たくさんのスタッフ。映画っぽい。
画像


共演者・渋谷さん。一番役者っぽい。
画像


撮影の合間は笑う。
画像


地上20センチは砂が舞ってる。ことに気付いてない高橋研太監督。
画像


メイク・よねたりなさん。唯一のオアシス。
画像


虫除けスプレーを互いに浴びせあう。のを撮る高野さん。
画像


基地。は、なごむ。
画像


プレビューを確認。することで役者っぽさを出してみる。
画像


さよなら。

ずーっとそんな風習のせいで傷ついてきましたが今ならこう思えるのさ。毎月でもいいぜ、バレンタインデー!

THANKS!THANKS!THANKS!THANKS!THANKS!

なんだかホントありがたいよまったく。嬉しくって嬉しくって喜び勇んでるよ。んで喜び勇んじゃったら浮き足立ちたるから、その拍子に角にぶつけて紫だちたるし、それはそうとして一方パンツの中身も穏やかじゃなくって、喜び汁が溢れんばかりだからその外観は「そんなに滲んでどうすんの?!女房酔わせてどうすんの?!」ってな調子だから、もうたまんない!!

って何の話かって?!

もう!お客さんったら鈍いんだから!アレでしょ、アレ!女子が男子にあげるわけよ!うん!収穫量の約3%の稲とか、はい、麻の布とか、ね、地方の特産物などを!そうそうそうそう、租庸調!ってな大宝律令の話はさておいて、バレンタインでしょ!バレンタイン!

いやー、なんか毎年毎年ありがたい!ありがとう!つーか申し訳ない!というのも若干、催促しちまった感があるものでね。ホントすんません!!

なんて書きつつ嬉しさ満開なのは「あたりめぇだ!べらぼうめ!」、略すといわゆる「あたぼう」なわけ!もうね、どの角度から見てもバカだと分かるくらいにエヘラエヘラとだらしのない、まあ「だらし」ってのは元来「しだら」、あ、「ふしだら」の「しだら」で、今でいう業界用語みたいなのが江戸時代にもあって「しだら」が「だらし」になったんだけど、まあそんなことはさておいて、とにかく喜びのあまり、だらしのない笑顔でここ数日過ごしちゃってるのは皆さんのおかげ!ホントありがとう!

つーことで、感謝の意を込めて戴き物をご紹介させてください。

ゴ、ゴ、ゴ、ゴディバ!たっかいチョコや!これっ、たっかいチョコやー!
画像


カステラ!パッケージも素敵だし、実は中に組立式のフォークも入ってました!
画像


チョコ!「イレブンナインの皆さんにも!」とのこと、ホントありがとうございます!
画像


ミニカー!なんだけど、これUSBメモリなんです!既に使用中でございます!
画像


チョコ!うわ!失敗した!食べちゃって箱だけなんだけどソフトクリームの形でした!
画像


チョコ!これなんだろ?赤いチップが酸っぱくて美味しいのですよ!
画像


お守り!芸事によいそうで、そこまで考えてもらえてありがたいです!
画像


福岡名物ですね!こういった地元ならではのお菓子も嬉しいです!
画像


ネクタイ!なかなか自分では買わないので嬉しいです!また色が素敵!
画像


和三盆というお菓子!と、マネークリップ!名刺を挟ませてもらいます!
画像


トラのオモチャ!レザーケースはお守りなどを入れることにしました!
画像


阪神タイガースのチョコ!オレのトラ好きを知っててくれてんだね!
画像


と、まあ、オレ個人宛のモノは全てご紹介させていただきました。
あ、万が一、「わ、わたしのが無い…」なんて方がいらっしゃったらお申し出ください!
全力で探します!探し回ります!
イレブンナイン宛に戴いたものあり、そちらも本当にありがとうございました!
稽古場にありますが、すぐ食い尽くされるはずです!笑

来月8(金)と9(土)のご予定いかがですか?俺は劇王なんで札幌にいる方は俺の代わりに是非こちらを!!

【全部読んでもらえると嬉しいです】

画像


皆さん、覚えてますでしょうか?!『野村大ひとり芝居傑作選』、もうすぐですよ!
これ、何が凄いって「絶対に面白いってことが確約されている」ってこと。
オレはですね、大ちゃんの一人芝居を観るたびに感心するのですよ。
なので、今回のこの企画は素晴らし過ぎます。
あんまり人を褒めないオレがここまで言うんでかなり信憑性があるでしょ?笑
いや、ホント観たほうが良いです。

これ読んで、絶対、迷ってる方、いらっしゃいますよね?
そこは、もう、行きましょうよ!行っちゃいましょうよ!
ってこんなに押すのは、えー、なんでしょう、大ちゃんの面白さを皆さんに知ってもらいたいんですよねー。
同じ劇団で数年間一緒に芝居やって、オレはこの人は面白いと思いましたもん。
で、きっと皆さんも面白いと思いますもん。

あ、あと、もちろん大ちゃんのためってのもありますよ、そりゃ。
いや、だってなんせ一人芝居。BLOCHという会場で2ステですから、一人で200人呼ばなきゃならないんですから。
どえらいことです。
なのでね、是非、よろしくお願いします。
で、調子に乗って欲を言うとですね、もし既に「観に行く!」って決まってる方がいらっしゃれば、できるだけ早めにチケットを買っていただけると嬉しいのです。
きっと、本人、安心できると思うのでね。いろいろすんません、どうぞよろしくです。
以下、詳細。
あ、詳細の後に、ツイッターで大ちゃんが自らこの芝居を告知してる文章が面白いので幾つかご紹介してます。
きっと、この文章でも大ちゃんの面白さが分かると思いますよ。文章の終わりの追伸みたいのが特に面白い。
あ、[3]と[8]は告知じゃないただのツイートですが、なんか気に入ったので載せちゃいました。

まずは、芝居情報の詳細。

BLOCHがプロデュースするひとり芝居フェス
「LONELY ACTOR PROJECT」において、
笑って泣けてほっこりするひとり芝居で老若男女問わず
魅了してきた「Mr.ロンリー」こと、野村大。
満を持して単独公演が決定!
過去16作品の中から厳選した三本+新作一本を上演いたします。
絶対にお見逃しなく!

【日時】
2013年
2月8日(金)20:00
2月9日(土)14:00

【作・演出】ツマサキ舞台、野村大

【出演】野村大

【料金】
<一般>前売1,600円、当日2,000円
<学生>前売1,200円、当日1,600円
<高校生>無料(要メール予約・学生証提示)
<中学生以下>500円

【チケット取扱】
●ローソンチケット(Lコード 13923)
●電話予約  011-251-0036(BLOCH)までお電話でご予約下さい。
●facebookにて、野村大に直接メッセージいただいても結構です。

【会場】
演劇専用小劇場BLOCH
(札幌市中央区北3条東5丁目5 岩佐ビル1F)

【お問合せ】
TEL  011-251-0036(BLOCH)
E-mail mail@bloch-web.net
BLOCH WEB. http://bloch-web.net/

はい、詳細おしまい。
では、大ちゃんのツイートをご紹介してお別れしましょう。さよーならー。

[1]
2月8,9日。演劇専用小劇場BLOCHpresents『野村大ひとり芝居傑作選』。「ひとり芝居のときはいきいきしてますね」と定評のある、札幌演劇界注目の役者(自称)野村大による、大いに笑い最後にほろりとするひとり芝居短編集。(なにせ自分なもので、どうアピールしたものかと… もし私が自分を絶賛するつぶやきをしていても、それはパソコンの前で30分もだえた末の結果なのだと想像してやってください。)

[2]
私の演技を評価してくださる言葉ベスト3。「いい声ですね」「安定感のある演技ですね」「○○さん(別の演劇関係者)が、大さんはうまいって言ってました」。『野村大ひとり芝居傑作選』は2月8,9日。(どうしたら!どうしたら、自分の宣伝文が書けるんだようっ!)

[3]
疲れている。心が疲れている。妻が作ってくれた麻婆豆腐を食べて『美味しい!』とはまで言えるが、『麻婆豆腐の素とどっちが美味しい?』と聞かれて、『うーん。同じくらい!』と言ってしまうほど冷静な判断力が欠如している。それほど心が疲れている。

[4]
学生1200円、高校生無料!、中学生以下500円って、とってもお得だと思うの!学生さんも、2月8,9日は『野村大ひとり芝居傑作選』へ!(自分自身で「お得」って言っちゃうしかないのよねぇ。それがひとり芝居。…なのか?)

[5]
オレを信じろ!四の五の言わず劇場へ来い!オレはお前の涙じゃなく、笑顔が見たいんだ!連絡、待ってるゼ!『野村大ひとり芝居傑作選』は2月8,9日。(こういうつぶやきを深夜帯にしかできないところが、小心者の私。)

[6]
真っ赤なバラと白いパンジー、子犬の横には『野村大ひとり芝居傑作選』。そんな週末はいかがですか?……そうですか。私もそう思います。僕たちは気が合うみたいですね。気の合う同士、観にいらっしゃいませんか?『野村大ひとり芝居傑作選』は2月8,9日。※これはフォロー無しで大丈夫だと思ったのか、いつもの追伸はありませんでした。笑

[7]
私ごときが「演技の技術」について語ったところで、詮無きこと。だが、2月8,9日の『野村大ひとり芝居傑作選』は「演技」についての私の提案でもある。ごろうじろ。(ああ。明朝、しらふになって読み返して後悔するんだろうなあ、オレ!)

[8]
「一生飲めないとしたら牛乳かお酒か」と聞かれて、迷っていたらお酒好きの妻に怒られました。

オレ、その頃劇王で長久手にいるんで参加できないけど皆は大ちゃんの凄さを思い知るチャンスだと思うのだ!

えっと、告知です。
が、めずらしーーーく自分のじゃないのです。

『野村大ひとり芝居傑作選』。来月8(金)と9(土)。

画像


タイトルにあるとおり、残念ながらオレは劇王が丸っかぶりで、長久手に居ちゃうので観に行けないのだけれども、あーあ、札幌にいりゃあ絶対に観に行ってましたね。嗚呼、残念。

んで、その代わりと言っちゃあ、おこがましすぎるけど、是非、皆さんには観に行ってもらいたいなと。だって、アレよ、“傑作選”よ!そりゃ素晴らしいに決まってるじゃないですか!実際、大ちゃんのひとり芝居をオレは毎回観に行っていたワケではないけれども、観に行ったときは「あー、観てよかった!」と思いますよ。なので、絶対に損はさせません!というか、得させます!と言い切れます!

いや、決して無理やり観に行ってくださいってことではなく、なんだろ、じゃあ、「行ける!」って方は早めにチケットを買っていただけるとありがたいです。ってのも、ホント一人ぼっちの芝居だし、っちゅうことは一人で合計200人近くのお客さんを呼ばなきゃならないってことで、それって恐ろしいですよ、マジで。笑

だからね、繰り返しになりますが、「行ける!」って分かってる方、是非、早めにチケット買ってください。そうしてもらえると“凄く嬉しい”のです!

てなわけで、長くなりましたが、皆さん、観に行って大ちゃんの凄さを思い知ってくださいね!!

【以下、会場であるBLOCHのブログより詳細】

BLOCHがプロデュースするひとり芝居フェス
「LONELY ACTOR PROJECT」において、
笑って泣けてほっこりする一人芝居で老若男女問わず
魅了してきた「Mr.ロンリー」こと、野村大。
満を持して単独公演が決定いたしました!
過去16作品の中から厳選した三本+新作一本を上演いたします。
絶対にお見逃しなく!

【日時】
2013年
2月8日(金)20:00
2月9日(土)14:00

【作・演出】ツマサキ舞台、野村大
【出演】野村大

【料金】
<一般>前売1,600円、当日2,000円
<学生>前売1,200円、当日1,600円
<高校生>無料(要メール予約・学生証提示)
<中学生以下>500円

【チケット取扱】1月10日発売開始!
●ローソンチケット
●電話予約 011-251-0036(BLOCH)までお電話でご予約下さい。
●CoRich!チケット予約

【会場】
演劇専用小劇場BLOCH
(札幌市中央区北3条東5丁目5 岩佐ビル1F)

【チケット予約・お問合せ】
TEL 011-251-0036(BLOCH)
E-mail mail@bloch-web.net

カウントダウンライブ『白黒歌合戦2012』大森俊治・川井“J”竜輔・江田由紀浩・明逸人と年を越そう!

画像


今年もやります!!
大森俊治・川井“J”竜輔・江田由紀浩・明逸人と歌って踊って騒いで年を越しましょう!!
過去、NHK紅白歌合戦にて歌われた曲からピックアップしてLIVEをやります!!
バカバカしく、熱く、バカバカしく、カッコ良く、バカバカしく、ふざけながら、寒さを吹き飛ばしましょう!!
みんな、おいでー!!

◎出演
◆大森俊治(ロミオマシーン)・川井"J"竜輔
◇江田由紀浩・明逸人

◎日時
2012年12月31日
開場22:00/開演22:30/終演24:30

◎場所
cube garden 札幌市中央区北2条東3丁目2-5

◎料金
3,500円
※ドリンク代500円別途
※特製白黒うちわ付
※オールスタンディング

◎チケット取扱
全国のLAWSONチケット★Lコード 13316
※当日、必ず来てくれる方に限り、facebookのメッセージにてチケットの取り置きを承ります。大森俊治・江田由紀浩・明逸人のいずれかにメッセージください。重複を避けるため複数人に送らないようご注意願います。
http://www.sapporo-info.com/eventDetail.php?event_code=43700

イレブン☆ナイン『サクラダファミリー』が終わり「♪季節が君だけを変える ただ一人立ちつくすだけ」だ。

わっ!!!

ビックリした?ビックリした人、ごめんなさい!

というワケで、久しぶり過ぎて、どう書き始めたらよいのか分かりません。
手探りなまま、江田です。

さて、タイトル通り、イレブン☆ナイン『サクラダファミリー』が無事終了しまして、たくさんの皆様に観ていただいたり、応援していただいたり、そんなこんなあれやこれや、本当にありがとうございました。お陰様で、なんとか、きっとなんとかなったと思います。そこんとこ、感謝しきりです。

で、これで今年の芝居は全部おしまいとなりました。いろいろやりすぎて、一つずつ振り返ったりはしませんが、今年はあまりにも大きな変化がありました。芝居に関わって、おそらく14、5年。信じがたいことに母体を失いました。間違いなく、「自分で望んだ別れ」ではありません。だもんで、もう、それ一発で決まりです。今年を漢字一文字で表すってヤツ。

『矢』

あ、間違った。別に刺さってません。いや、だからといって刺さってる人の今年の漢字が『矢』だとは限りません。刺さってるクセに『抜』かもしれません。刺さってるクセに『笑』かもしれません。ん?刺さってるからこそ『笑』なのかもしれません。だなんて、刺さってる人の漢字を推し量ってもしようがないので、そろそろ、オレの今年の漢字を発表します。

『失』

うん、断然これ。これしか思いつきません。これしか目に入りません。もしかしたら他にも候補になりそうな漢字があるのかもしれませんが、なんせ、いかんせん、コイツが眩しすぎるんですよ。コイツに首ったけです。なんだ、“首ったけ”って?まあいいや。とにかく、ともかく、とにもかくにも、今年のオレにとって、木陰でビキニになってるのは宮崎美子なんかじゃなく、『失』という漢字一文字だって話です。そう。「♪いまのキミはピカピカに光って〜あきれかえるほどステキ〜」の“キミ”は『失』ってことです。

ねー。

っちゅうことで、頑張ってまいりましょう、イレブン☆ナイン。とは言いつつも今んとこイレブン☆ナインの正式メンバーって納谷さんだけ?あるいはプラス圭志さん?なわけでー、って、ここで『北の国から』の純くんのナレーションを入れてみたわけでー、ってのはさておいて、しっかし、オレやら達子さんやらってのは今後どういうポジションになっていくのか、それはこれから話し合うことになっちょります。

まあ、結局のところ、今までも本気でしたが、皆さんが「あ、今までは本気じゃなかったのね!」と思わざるを得ないくらいに本気になるって内容のブログでした。

わっ!!!

ビックリした?

そして、最後にクスミエリカさんが撮ってくれた写真。2つ。

画像


画像