フィルムサポーター、思いの外、多くの方にご賛同いただいてるので、調子に乗ってブログにも掲載してみる。

まあ、言ってみれば支援金だからさ、
簡単に言うと「金」だからさ、
どうにも抵抗があったんだけどね、
こういうお願いというか、「よろしく!」みたいなの。
つーか、今だって抵抗はあるけどね。

うーん。

なので、なんつーか、ホント、アレですから!
万が一、「気が向いたら」で良いですから!
「当たり前だろ!」って言われそうだけど、
うん、ホント、当たり前に「気が向いたら」ってことでお願いします!

そんで、「生Tシャツ」ってのもギャグですから!
いや、ご希望があればホントに譲渡いたしますけれども、ギャグですから!
同時上映する「EverZOne」さんのを俺らがマネしたら面白いねって!
そーゆーギャグですから!

あーあ。

あと、いらっしゃらないでしょうが、「200口」ってのもギャグですから!
もちろん、あまりにも裕福な方が、
「はい!200口!」
ってな具合にくれちゃうなら貰っちゃいますけど!
でも、ギャグですから!

ということで、いろいろと、いや、「えんえん」と言い訳したところで詳細です。

***

映画「えんえん」ではフィルムサポーター制度を導入しております。
各種サービスをご購入いただき、作品を一緒に作りあげていきましょう!
ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

【サービス一覧】
1口(2,000円)
 → 第一弾入場チケット/出演者1名と記念撮影
2口(4,000円)
 → 第一弾入場チケット/出演者3名と記念撮影
3口(6,000円)
 → 第一弾入場チケット/スペシャルDVD/出演者3名と記念撮影
10口(20,000円)
 → 第一弾入場チケット/出演者3名と記念撮影/出演者の生Tシャツ
15口(30,000円)
 → 第一弾上映のVIPチケット/出演者3名と記念撮影/1月の撮影見学とエキストラ出演
30口(60,000円)
 → 3回すべて顔パス/出演者3名と記念撮影/すべての撮影現場見学
200口(400,000円)
 → 劇場貸切 第一弾作品プライベート上映会/1月の撮影見学とエキストラ出演/出演者3名と記念撮影

【フィルムサポーターお申込み】
 ⇒https://ssl.form-mailer.jp/fms/ad853cd6329962

【お申込みのながれ】
1. 上記の特設フォームより必要事項をご入力
2. ご登録のメールアドレス宛に詳細情報を送信
3. サービスご購入の為のお振込用口座をお知らせ
4. ご入金を確認後、ご購入のサービスお受け取り方法についてお知らせ

【お問い合わせ】
http://hokkaidoga.main.jp/enen/
*公式WEBサイト下部にあります[Contact] よりご連絡ください。

約一年半前、自分らさえもが驚いたほど大好評だったあのトークイベントが再び!12/5金、6土、7日だ!

さてさて、遂に詳細が決まりましたよ!
なんだか分からんけど、前回、凄い喜んでもらえた、あのトークイベント!
あんなに、ゆるゆるだったのに、面白がってもらえた、あのトークイベント!
今回も、負けず劣らず、ゆるゆるです!
だって、きっちりなんて出来ないんです!
それでも、よろしければ是非、ご参加ください!

J.P.G超ゆるゆるトークイベント「じぇい。と、みょう。と、えだ。が、再び。」

【出演】
川井“J”竜輔/明逸人/江田由紀浩

【日時】
2014年12月
5日(金)21:30
6日(土)21:30
7日(日)21:30
※上記は開演時間。開場は開演の30分前です。
※※イベントは約90分を予定しています。
★各回、おおよそ23:30より約60分間の「二次会」を行います。
「二次会」の料金は、別途1000円(1ドリンク付)。
参加・不参加は当日会場でおうかがいします。

【会場】
札幌市中央区南6西4 新宿通り
ホワイトビル7階

【料金】
2000円(1ドリンク付)

【お申し込み方法】
メール予約
メールアドレスは jpg_shopping@yahoo.co.jp

メールのタイトルに「JPGトークイベント申し込み」と記入。

本文に
①お申込者様名
②人数
③連絡先電話番号
④連絡先メールアドレス
⑤参加日時
を明記し、送信願います。

⇒ 後日、当方より予約確認メールを送信いたします。

是非是非、皆さん、ご参加下さいね!

そして、当日会場では、JPGの商品を販売いたします。
すべて、DVDです。

①大森(3000円)
②おとなげないじかん!!(3000円)
③バカでしかない!!(3000円)
④Jと江田の思い出巡り(1200円)
⑤2012年トークイベント(1200円)
⑥2013年トークイベント1日目(1200円)
⑦2013年トークイベント2日目(1200円)
⑧2013年トークイベント3日目1200円)
⑨2013年トークイベント3日目二次会(1200円)

商品の詳細は、通販自体は終了していますが、
JPG通販ブログをご参照ください。
http://jpg-shopping.seesaa.net/

いろんな告知があるのでブログを書いたけど凄く長くなったからイヤラシイこと考える時間が無くなっちゃった

しばらく舞台が無いから暇になるんだろうなと思いきや、全然、まだまだ忙しくってさ、毎日ちょっとの時間しかイヤラシイことを考えられてないよ。ずっと暇なのも情けないけど、もう少し余裕が出来てもいいんじゃねえのと。でも、まあ、細々とコツコツとやってくしかないものね。そんなこと言ってて、還暦迎えた頃にやっと余裕が出来ちゃっても、どうせその頃には勃つものも勃たないんだろ?まったく世の中ってのは上手くいかないよ!

と、嘆いていても仕方がないので、とりあえず自分の頭の中を整理する意味でも、近況というか、近々の予定をざっとまとめてみよう。

【1】11/8(土)
「Cinema Discovery」プロジェクトスタート発表

【2】11/22(土)・23(日)・24(月)
「Un cinema sérieux vol.1」自主制作映画上映会

【3】12/5(金)・6(土)・7(日)
J.P.Gトークイベント 「じぇい。と、みょう。と、えだ。の、2回目。」

なんだか、まとめるっていっても大した量じゃないな。きっと、今年はこれくらいなはず。【1】の「Cinema Discovery」の撮影とかそんなのはあるんだろうけどね。日本一、ケータリングが充実してない撮影ね。カントリーマームすら無いんだから。ティッシュも無いし。「鼻をかみたい」って言ったら、「ウエットティッシュでいいですか?」って。出来れば嫌だよ。もう、参っちゃう。

あ、もちろん、HBCラジオ「真夜中のあすぴりん」、ネットラジオ「江田noファンクラブ」は定期的に配信するんで、どうぞよろしく。ローテンションネットラジオ「みょう。と、えだ。」も収録しないとね。そういや、「みょう。と、えだ。」のエンディングテーマを録音しなおそうと思ってたんだけど、なかなか時間が無いな。新しい曲も作りたかったな。時間を作らねば。うわ、またエッチなことを考える時間が無くなっちゃうよ。

と、やっぱり嘆いていても仕方がないので、次はそれぞれの詳細を書いていこう。

【1】11/8(土)
「Cinema Discovery」プロジェクトスタート発表

まずは、「Cinema Discovery」とは!というところから。HPによると、

男3人で繰り広げられる高橋研太監督作品で江田由紀浩・小林エレキ・明逸人主演のコメディ・ムービー「えんえん」と、高橋学監督作品でEverZOne初主演によるシチュエーション・ムービー「いたづらアライグマのかじりあと」。
この2本の映画は、それぞれが独立した映画であり、3作連続のシリーズものです。
それぞれはまったくバラバラな世界観の映画だけれど、2作目以降は出演者をシャッフルさせてお届けする予定!
まずは、2015年2月(20(金)~22(日)予定)に両作品の一般公開を行います。昔、劇場で観たカップリング映画上映、そんなことを想い返させるような、みなさんがワクワクする新しい試みに挑戦するプロジェクトです。

とのこと。覚えてくれてるかね。「true flower」。俺とエレキくんが出た短編映画なんだけど、これを撮ったのが高橋研太監督ね。(YouTubeで観られるのでどうぞ→https://www.youtube.com/watch?v=FpazIIs9M1M)で、今回、俺らの他に逸人を加えて、男3人が主演の短編を作ることになったわけ。しかも、3本ね。

そして、今回、新たな試みがあって、北海道を中心に活動する男性アイドルグループ・EverZOneが主演する映画と同時上映しちゃうわけよ。で、2本目以降は、キャストをシャッフルするってんだから。どうなっちゃうんだろね。凄いよ。もうね、あれだよ、最終的には逸人をEverZOneのメンバー入れちゃったりね、なんならグループ名をEdarZOneにしちゃってもいいんじゃないの?て、こんなこと言ってたらEverZOneのファンに嫌われるかもな。石ぶつけられたり。実家に火炎瓶投げ込まれちゃかなわんな。とにかく、せっかくの機会だから、EverZOneの皆さんとは仲良くやりたいものだね。女の趣味とかね、修学旅行ばりに枕付き合わせて夜通し語ってみようか。

わあ、随分と長くなっちゃったな。これ読むのなかなか時間かかっちゃうよね。申し訳ない。延長!読む時間を延長お頼み申す!で、ここからがイベントの詳細ね。

「Cinema Discovery」のスタートを記念して製作発表イベントを開催。
日 時: 11月8日(土)14時30分スタート
場 所: 教育文化会館 研修室301(中央区北1条西13丁目)
入 場: 1500円
概 要: 
高橋研太監督作品「えんえん」、高橋学監督作品「いたづらアライグマのかじりあと」の作品製作発表。
監督と出演者によるフリートーク。そして、ファンとのフォトセッションもあります。
出 演:
「えんえん」〜高橋研太・江田由紀浩(イレブンナイン)・小林エレキ(yhs)・明逸人(イレブンナイン)
「いたづらアライグマのかじりあと」〜高橋学・EverZOne
MC〜松本恵里香  ほか
詳細・チケット予約: http://hokkaidoga.main.jp/cinema-discovery/

画像


にしても、この写真を見て分かるように、EverZOneの皆さん、かっこいいじゃないの。それに比べて俺らの貧乏臭さ。なんだこれ。人気出ようが無いもの。何も成し遂げない感じがあからさまだね。

と、再三にわたり嘆いていても仕方がないので【2】の話ね。

【2】11/22(土)・23(日)・24(月)
「Un cinema sérieux vol.1」自主制作映画上映会

これも、あれだな、「Un cinema sérieux」とは何ぞや?ってところからだね。まずもって読めないものね。HPによると、

札幌で映画を作っている人たちは少なくないはずです。Propan Movieもその一員として札幌を拠点に映画制作を続けてきました。
しかし、演劇や音楽などに比べると、観客とのコミュニケーションという部分においては大きく差をつけられている。ここ札幌で映画を作り続けるにあたり、多くの観客の必要性を感じています。公開を前提とすることによる緊張感が作品作りの精度を上げ、また公開後の反応を見て、次回作の密度を高めていきたいと考えています。
Propan Movieは批評家や審査員ではなく、観客に育ててもらうことによって成長を遂げていきたいのです。今回の上映はその磯として成功を願っております。どうか、最後まで楽しんでいって下さい。

ってことなんだね。わりと頷けるところが多いね。「映画は演劇と違って作品が完成すれば一人歩きしてくれる」みたいなことを言う人がいるけど、一人歩きしてるところを見たこと無いもの。ツチノコとかカマイタチ、あと座敷童みたいなもんでね。妖怪ヒトリアルキだよ。カタカナで書くとアセトアルデヒドみたいだな。まあいいや。いずれにせよ、観客に観られることを想定した自主制作映画ってのは実は少ないのかもしれないね。

で、その一回目が「Un cinema sérieux vol.1」ってことか。上映作品は「縛刃」と「花」。両方共、予告編があるんで時間があれば観てみてね。(「縛刃」→https://www.youtube.com/watch?v=SRzsifgaRqY 「花」→https://www.youtube.com/watch?v=QrX7WIuLfEc)

きっとね、「縛刃」の方はみんなが知ってる役者がけっこう出てるんじゃないかな。Jさん、逸人、飯野とか。実際、あれだよ、俺ら札幌にいる役者ってのは映像作品ってのに慣れてなくてね。映画もドラマも札幌で撮影するものなんて、ほぼ無いわけだし。だから、出てる側も実験的なところは凄くあってさ。やっぱり舞台の演技と映像のそれって全然違うんだなってことを学んだね。まだまだ発展途上というか、まだそこにも至ってないような、やっと一歩目みたいな感じかな。

って、なんか真面目に書いちゃったな。ササッと詳細書いて、アイドルお宝画像検索でもしよう。

『Un cinema sérieux vol.1』
「縛刃 不動仁義」「花」、Propan Movie製作の二本立て上映です。
真摯に映画製作に取り組む映像プロダクションPropanMovieの最新作をお楽しみください。

【作品紹介】
「縛刃」
出 演: 高野資也 川井"J"竜輔 岩杉夏 江田由紀浩 岩尾亮 飯野智行 明逸人 野村大 赤谷翔次郎 有田哲 小林あかね 棚田満 滝沢修 /他
音 楽: ロミオマシーン
監 督: 高野資也

「花」
出 演: 奥野智之 高野資也 原田充子 山本菜穂 剣崎薫 須山美鈴 澤田未来 平田雄介 稲毛敏秀 宮田圭子 江田由紀浩 谷口郁美 /他
音 楽: Anokos
監 督: 細野牧郎

【日程】
11月
22(土) ①13:20/②16:50/③20:20
23(日) ④13:20/⑤16:50/⑥20:20
24(月) ⑦13:20/⑧16:50/⑨20:20 全9回
※上記は開演時間。開場は開演の20分前。
※舞台挨拶(10分)&本編2本(約135分)の約2時間半のイベントです。
※途中、トイレ休憩等はございません。

【舞台挨拶】
上記日程の①②④⑤⑧⑨は縛刃チームが、③⑥⑦は花チームが、舞台挨拶をします。
(これはあくまで舞台挨拶についてで、本編は全ての回で2作品とも上映します。)
・縛刃チーム舞台挨拶出演者 高野資也 川井"J"竜輔 /他、上映日時によりゲストを予定。
・花チーム舞台挨拶出演者 細野牧郎 高野資也 /他、上映日時によりゲストを予定。
※花チームの舞台挨拶には司会として川井"J"竜輔が出演します。

【場所】
イベントスペースEDIT
札幌市中央区南2西6丁目(東急ハンズ裏)

【料金】
1500円(前売り、当日共に)
ローソンチケットにてご購入いただけます。(Lコード:12133)

と、まあ、こんな感じ。情報が多くて、これも申し訳ない。ちなみに俺が舞台挨拶に出るのは①②④の3回ね。んで、あれだ、Jさんは「花チーム」の舞台挨拶の司会ってことだから、結局、全部にいるんじゃないのかね。本編に関しては、実は俺、両方に出てて、でも言っとくけど、どっちかが最初の5分で、もう一方が最後の5分、って感じだよ。式典の教頭みたいなもんでね。「これより○○式を始めます」って言って、最後に「これにて○○式を終わります」って。それしか仕事が無いっていうね。あ、でも、両方共、重要な役なんだよ。

で、次で最後ね。

【3】12/5(金)・6(土)・7(日)
J.P.Gトークイベント 「じぇい。と、みょう。と、えだ。の、2回目。」

これはね、まだ詳細が決まってなくってさ。一応、三日間の予定ではあるんだけど、二日とか一日だけにするかもしれないしね。でも、凄く楽しみだね。去年、面白かったからさ。評判も素晴らしく良かったし。詳細は後日ね。

ああ、随分と長々書いちゃったな。久々のブログだってのに告知ばっかりだけどね。とにかく、まあ、これらをどうぞよろしくってことで、今日のところは、さようなら。にしても、イヤラシイ画像探す余力が無くなっちゃったよ。

種類が違いすぎて「実は俺、大ちゃんみたいな演技力を身につけたいの!」と言っても誰も信用してくれない!

画像


という、タイトルだけど、これ、本当だよ。
誰も信用してくれないってのも本当だし、
大ちゃんみたいな演技をしたいと思ってるのも本当。

俺の演技ってクセだらけでね、自分では気に入ってない。
余計な動きが多いし、全然、美しくないからね。
それに比べて大ちゃんの演技は、本当に美しいと思う。
表現に無駄が無くて、的確で、
動く様も、立ち姿も、本当に素晴らしい。
そして、それが羨ましくてならない。
これは同じ劇団に居た頃から、
なんならそこに大ちゃんが入ってきてすぐに思ったこと。
うーん。憧れる。

大ちゃんの芝居に望む姿勢も凄く好きだ。
俺が大ちゃんの一人芝居の脚本・演出をさせてもらった時に、
演技の話をして、意見の相違だって実際あったけど、
でも、貫き通す信念や、演技に向かう真面目さ、努力家であること、
それらのほとんどが俺に欠如していて、
だからこそ尊敬せざるを得ないんだよね。

だからこそ、観に行ってほしいワケよ、大ちゃんの一人芝居を。

「結局は宣伝かよ!」と思われた方もいるかもだけど、うん、宣伝だよ。
でも、これ、いつもの宣伝じゃないよ。
だって、日程が俺の本番ともかぶってるんだもん。
もちろん、イレブンナイン「あっちこっち佐藤さん」も観てほしい。
けど、大ちゃんの一人芝居も観てほしいんだよね。
素晴らしいんだもん。

そしてそりゃさ、なんだろう、やっぱり仲間意識は尋常じゃなくあるワケさ。
かつては一緒に同じ作品を創ってたんだしさ。
なんなら、当たり前に、またいつか一緒にやりたいと思ってるしさ。
だから、応援したいって気持ちになるよ。
けどけどけど!
それを差っ引いても観に行ってもらいたいよ、素晴らしいんだもん。
きっと、笑わされるし、泣かされるし、凄く心地の良いものです。
必ず「観て良かった!」って思うよ。

さて、詳細。
あ、あと、下の方に、
前回の大ちゃんの一人芝居の時に書いた俺のブログも載っけてみる。

***

BLOCHがプロデュースするひとり芝居フェス
「LONELY ACTOR PROJECT」において、
笑って泣けてほっこりするひとり芝居で老若男女問わず
魅了してきた「Mr.ロンリー」こと、野村大。
大好評いただいた第1回に続き、第2回公演が決定!
過去20作品の中から厳選した作品+新作を上演いたします。
絶対にお見逃しなく!
(第1回の感想まとめはこちらhttp://togetter.com/li/663663

【脚本・演出】 ツマサキ舞台、野村大
【出演】 野村大
【日時】
2014年
8月1日(金) 20時
8月2日(土) 13時/18時 各開演
【料金】
<一般> 前売1,700円、当日2,000円
<U-22> 前売1,300円、当日1,600円(身分証提示)
<学生> 前売1,300円、当日1,600円(要学生証提示)
<高校生> 無料(2日13時のみ。枚数限定。要CoRich予約・学生証提示)
<中学生以下> 600円
【チケット取り扱い】
ローソンチケット
CoRichチケット!https://ticket.corich.jp/apply/55958/

***

皆さん、覚えてますでしょうか?!『野村大ひとり芝居傑作選』、もうすぐですよ!
これ、何が凄いって「絶対に面白いってことが確約されている」ってこと。
オレはですね、大ちゃんの一人芝居を観るたびに感心するのですよ。
なので、今回のこの企画は素晴らし過ぎます。
あんまり人を褒めないオレがここまで言うんでかなり信憑性があるでしょ?笑
いや、ホント観たほうが良いです。

これ読んで、絶対、迷ってる方、いらっしゃいますよね?
そこは、もう、行きましょうよ!行っちゃいましょうよ!
ってこんなに押すのは、えー、なんでしょう、大ちゃんの面白さを皆さんに知ってもらいたいんですよねー。
同じ劇団で数年間一緒に芝居やって、オレはこの人は面白いと思いましたもん。
で、きっと皆さんも面白いと思いますもん。

あ、あと、もちろん大ちゃんのためってのもありますよ、そりゃ。
いや、だってなんせ一人芝居。BLOCHという会場で2ステですから、一人で200人呼ばなきゃならないんですから。
どえらいことです。
なのでね、是非、よろしくお願いします。
で、調子に乗って欲を言うとですね、もし既に「観に行く!」って決まってる方がいらっしゃれば、できるだけ早めにチケットを買っていただけると嬉しいのです。
きっと、本人、安心できると思うのでね。いろいろすんません、どうぞよろしくです。
以下、詳細。
あ、詳細の後に、ツイッターで大ちゃんが自らこの芝居を告知してる文章が面白いので幾つかご紹介してます。
きっと、この文章でも大ちゃんの面白さが分かると思いますよ。文章の終わりの追伸みたいのが特に面白い。
あ、[3]と[8]は告知じゃないただのツイートですが、なんか気に入ったので載せちゃいました。

[1]
2月8,9日。演劇専用小劇場BLOCHpresents『野村大ひとり芝居傑作選』。「ひとり芝居のときはいきいきしてますね」と定評のある、札幌演劇界注目の役者(自称)野村大による、大いに笑い最後にほろりとするひとり芝居短編集。(なにせ自分なもので、どうアピールしたものかと… もし私が自分を絶賛するつぶやきをしていても、それはパソコンの前で30分もだえた末の結果なのだと想像してやってください。)

[2]
私の演技を評価してくださる言葉ベスト3。「いい声ですね」「安定感のある演技ですね」「○○さん(別の演劇関係者)が、大さんはうまいって言ってました」。『野村大ひとり芝居傑作選』は2月8,9日。(どうしたら!どうしたら、自分の宣伝文が書けるんだようっ!)

[3]
疲れている。心が疲れている。妻が作ってくれた麻婆豆腐を食べて『美味しい!』とはまで言えるが、『麻婆豆腐の素とどっちが美味しい?』と聞かれて、『うーん。同じくらい!』と言ってしまうほど冷静な判断力が欠如している。それほど心が疲れている。

[4]
学生1200円、高校生無料!、中学生以下500円って、とってもお得だと思うの!学生さんも、2月8,9日は『野村大ひとり芝居傑作選』へ!(自分自身で「お得」って言っちゃうしかないのよねぇ。それがひとり芝居。…なのか?)

[5]
オレを信じろ!四の五の言わず劇場へ来い!オレはお前の涙じゃなく、笑顔が見たいんだ!連絡、待ってるゼ!『野村大ひとり芝居傑作選』は2月8,9日。(こういうつぶやきを深夜帯にしかできないところが、小心者の私。)

[6]
真っ赤なバラと白いパンジー、子犬の横には『野村大ひとり芝居傑作選』。そんな週末はいかがですか?……そうですか。私もそう思います。僕たちは気が合うみたいですね。気の合う同士、観にいらっしゃいませんか?『野村大ひとり芝居傑作選』は2月8,9日。※これはフォロー無しで大丈夫だと思ったのか、いつもの追伸はありませんでした。笑

[7]
私ごときが「演技の技術」について語ったところで、詮無きこと。だが、2月8,9日の『野村大ひとり芝居傑作選』は「演技」についての私の提案でもある。ごろうじろ。(ああ。明朝、しらふになって読み返して後悔するんだろうなあ、オレ!)

[8]
「一生飲めないとしたら牛乳かお酒か」と聞かれて、迷っていたらお酒好きの妻に怒られました。

公演に来てくれただけでありがたいってのに、いつもこんなことまでしてもらっちゃって、恵まれてるよな俺。

またかとお思いでしょうが、またです。
「12人の怒れる男」の時に戴いたモノ達。
あ、俺個人宛のモノです。
「皆さま」宛は、ご紹介できなくてすんません。

***

画像

チーズの味が濃くて美味かったなー!

画像

出たー!豆餅!このシンプルさが良い!

画像

おわ!巨峰味なんて初めて!

画像

大人…高級スキンって書いてそう!

画像

おかき、いろんな味が楽しめるぜ!

画像

あまじょっぱい!あまじょっぱい!

画像

「和」なゼリー! I WANNA EAT!

画像

安定感あふるる美味さ!

画像

グミマロいちご、新感覚!

画像

由緒正しきド迫力の包装紙!

画像

ジャンク感満載の美味さ!

画像

稽古前に車の中で喰らう!

画像

明太系はとても好きだ!

画像

今、またピュレグミが熱い!

画像

バナナグミ、まだ食ってないけど、どんなんだ?

画像

じゃがりこに、ハズレなし!

画像

和紙のタオル?!裏と表で質感違う!

画像

これも稽古前に喰らうのであろう!

画像

中に黒豆が!豆って美味いよね!

画像

高級なポテトチップスだあああ!

画像

チーーーーズ!なんか高そう!

画像

次々と食っちまったのさー!

画像

バラエティ豊かな組み合わせ!

画像

タイガースのだああああ!

画像

ベ、ベルトいただいたのは初めて!

画像

飲み物までとは気が利いてるぜ!

画像

こーゆー、しょっぱい系、嬉しいねー!

画像

カステラとメモ帳という斬新な組み合わせ!

画像

しばらく買わなくて済むううう!

画像

コンカリに送られてきた一升餅!笑

画像

株式会社東ハトの詰め合わせ!

画像

あらら!俺に花だなんて珍しい!

画像

ちゃーんとピーナッツが入っとりました!

画像

そして、最後は、これらに添えられてたメッセージ!
言葉、嬉しいね!

***

いやいや、本当にありがとうございました!!
今後も戴きモノをフル活用し、生きていきます。笑
THANKS!!!

いったいどうなっちゃってるの?!「12人の怒れる男」、全ステ完売!大感謝!当日券もあるからね!

完売した。
イレブンナインプレゼンツ dEBoo#1 『12人の怒れる男』のチケット。
ありがとうございました。

これは本当に凄いことだ。
本当だよ。
本当に、本当に、本当に、本当に、本当に凄いこと。

凄く個人的な話になるけど、森崎さん、シゲ、大泉、音尾くん、
彼らと一緒にやってた時はこんなのは普通のことだった。
俺は、既に彼らが人気者だった頃に、彼らが居た劇団に入った。
だから、前売り券全ステ完売が当たり前だった。

でも、一緒にやる機会も無くなり、お客さんは激減。
「何とかしたい!」と、もがきまくった。
面白いモノを創ろうとしたし、しつこいと思われるくらい告知もした。
何年も、何年も。
けど、なかなかね、そう簡単にはね。
まあ、そりゃそうだ。

で、今回。

あ、別に「やったー!成し遂げた!」とか、「報われた!」とか、
そんなことを言いたいワケじゃないよ。
全然、違う。
「考えねばなー」って思った。

いろいろと良いことが重なったんだろうな。
作品自体が有名だし。
「男だけ12人」というのも面白そうだし。
その12人も、ひとりひとりが大有名なワケじゃないけど、
あ、もちろん河野はテレビに出てる人気者で、そのお陰ってのはあるね。
けど、「この人と、この人が一緒にやるんだ!」ってのも、いっぱいあるのかなと。
そして、そんな人達が集まってくれたのは、達子さんのチカラで、
皆が出演してみたいと思う企画を考えたのも凄いし、
おかしなシガラミも無く、皆から愛されているという人徳も凄い。
同じように、「あ、この人が出るなら自分も出たい!」と思わせ合った役者も凄い。
同じように、「あ、この演出なら出たい!」と思わせた納谷さんも凄い。
忘れちゃいけないのがフライヤー。
クスミエリカさんが創った、めちゃめちゃカッコ良いデジタルコラージュ。
大川くんが創った予告動画も良かった。

うん。
てな具合に、たくさんの良いことが重なって、
多くの人に「凄ーーーーーく面白そう!!」って思ってもらえた。
突出した、決め手となった何かがあるワケではない。
だからこそ、「考えねばなー」だ。
あの頃みたく、「道新ホール10ステ!」というような規模ではないけど、
それでも、ちゃんと考えたなら、
多くの人に「凄ーーーーーく面白そう!!」って思ってもらえるらしい。
出来ないワケじゃないらしい。

「考えねばなー」。

あ、その前に、まずは考えなくても分かることを。
「凄ーーーーーく面白そう!!」を、「凄ーーーーーく面白かった!!」に。
そうせねばならんね。

ネットラジオ「江田noファンクラブ」を、iPhoneで聴く方法。

①App Storeで「Clipbox」というアプリを手に入れる。

②手に入れたら、「Clipbox」を開く。

③こんな画面になるので、「ダウンロード」を選択。

画像


④次は、「ブラウザ」を選択。

画像


⑤Googleのページになるので、「江田noファンクラブ」で検索。

画像


⑥「江田noファンクラブ推進委員会 seesaaブログ」を選択。

画像


⑦すると、こんな画面になります。

画像


⑧少し下にスクロールさせて、青い文字の「14****第○回放送」を選択。

画像


⑨ピンクの文字の「★14****第○回放送★」を選択。

画像


⑩するとこんな表示が!「ダウンロード」を選択しましょう。

画像


⑪そうすると、こんな画面になります。保存先の「マイコレクション」をクリック。

画像


⑫一番下の「フォルダ作成」をクリック。

画像


⑬せっかくなんで、フォルダ名を「江田noファンクラブ」にしますか。

画像


⑭完成した「江田noファンクラブ」をクリック。

画像


⑮一番下の「選択」をクリック。

画像


⑯やっと「保存先」のところが「江田noファンクラブ」となったので、「OK」を選択。

画像


⑰すると、こんな風にダウンロードされます。1、2分で終わります。

画像


⑱ファイルは、「マイコレクション」の中の「江田noファンクラブ」に保存されてるので、あとは聴くだけ!

以上!!!